クレジットカード現金化の注意点とは

クレジットカードの使い方の裏技_ポイント、現金化、リボ払い
Home » クレジットカードの裏ワザ » クレジットカード現金化の注意点とは
クレジットカードの裏ワザ | 03月17日更新

クレジットカード現金化の注意点とは

広く聞かれるようになった、「クレジットカードの現金化」ですが、実際に、クレジットカードの現金化はどの様なサービスで、どの様な行為なのでしょうか。
クレジットカードの現金化を行うに当たっては、注意点も多々あります。
クレジットカードの現金化に関する注意点を中心に紹介します。

インターネット、雑誌、街中の広告などで「クレジットカードショッピング枠を現金化」といった現金の作り方、サービスの内容を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ショッピング枠を現金化するという方法は、現金化業者が指定の商品を購入させ、商品代金の80%程度を送金する、もしくは直接現金を手渡すという方法です。
この様な方法が「クレジットカードの現金化」なのです。

クレジットカードの現金化とは、申込みから送金までインターネット上で行うことも可能になっています。
還元率が異なる、キャンセルをしようとしたところキャンセル料を請求されるなどの悪徳業者によるトラブルも起こっているのです。
注意点の1つは、クレジットカードの提出を求められることで個人情報を取られ、悪用される被害が多発しているという事。
現金化を行う場合には、悪質な現金化業者ではないかどうか、事前のリサーチが必要になるのです。
また、必要になる身分証明書や書類などを事前に確認しておきましょう。

最大の注意点は、クレジットカードの現金化はカード会社の規約違反行為であるという点です。
換金目的でクレジットカードを利用したということが発覚した場合、カード停止、退会、それに伴い使用した金額の一括請求などのペナルティを受ける事にもなります。

一時的に現金が必要になったという事であれば利用することもやむを得ないかも知れません。
しかし、クレジットカードの現金化は、結果として利用した分をカード会社に支払うことになるのです。
最終的にカード会社への支払い日には、現金を用意出来るといった状態で利用するようにしましょう。

top